「夫が会社の部下と浮気している。」

「妻が出会い系で隠れて不倫をしている。」

など夫婦の不貞トラブルで悩んでいる方はかなりいます。

不倫は“不貞行為”という違法行為とされており、

精神的苦痛を受けたとして慰謝料を請求する権利があります。

…いよいよ我慢の限界を超えたとき、

不倫での慰謝料請求の話をどのように切り出せばいいのでしょうか?

今回は配偶者の不倫が原因で離婚した場合の慰謝料の金額相場や請求方法について紹介します。

不倫による慰謝料の相場

上のイラストをご覧ください。

離婚の際の慰謝料請求で、最も金額が高いのは“異性関係(不倫)”が原因の場合です。

慰謝料額の算定は、別居や離婚の有無を基準に計算することができます。

〇 別居・離婚に至らないケース:50~100万円

不倫で別居したケース   :100~200万円

〇 不倫で離婚したケース   :100~300万円

夫婦それぞれの事情や不倫の年数によってこの金額は増減することがあり、

慰謝料の金額を引き上げることになる要因は以下のようなものです。

要因
責任が重大な場合婚姻期間が長く家庭円満だった 不倫している期間が長い、継続的
家庭の被害が大きい場合離婚に至った 子どもが何人もいる、まだ幼い 妻が不倫のショックで精神病を患った
反省が見られない場合客観的な証拠があるのに不倫を認めない たびたび不倫を繰り返している

慰謝料請求は不倫相手にも請求できる

不倫が原因で離婚する場合、慰謝料の請求には

  • 配偶者のみ
  • 不倫相手のみ
  • 配偶者と不倫相手の両方

という3パターンがあります。

こちらは自由に決めることができますが、

  • の場合は妥当だとされる金額を超えて二重に取ることはできないので注意しましょう。

(妥当な金額が200万円の場合、配偶者と不倫相手に合計で200万円まで請求可能)

ただし不倫の慰謝料を請求する場合、その不倫が

“夫婦関係が破綻する前”の事か、夫婦関係が破綻した後”で起こった事かで結果が変わってきます。

もし夫婦関係が“完全に破綻した後”の不倫であれば、

場合によっては慰謝料がまったく取れないこともあるのでご注意ください。

つまり、慰謝料請求のタイミングは

“夫婦関係が継続している間”にするほうが良いということです。

慰謝料請求は事前の準備がとても大事

不倫による慰謝料請求は、その事実がはっきりした後で行うのがポイントです。

確たる証拠がない状態で請求しても、相手が事実を否定すれば終わってしまうからです。

確実な証拠をもって相手に認めさせ、その後に示談で請求を行うべきでしょう。

配偶者と不倫相手がホテルに出入りする写真や動画

不貞行為があったと思わせるメールやSNSなどのやり取り履歴

上記のようなものが証拠として有効ですが、

自分で集めることが困難な場合、探偵など専門家に依頼した方が確実です。

そして、専門の法律事務所のアドバイスも欠かせません。

無計画に勢いだけで押し切ろうとすると、

慰謝料の金額が減ってしまったり慰謝料を受け取ることができなくなってしまうリスクもあります。

配偶者の不倫に気づいて、離婚する決意ができた時点から弁護士に相談するのがおすすめです。



株式会社BLOOM[ブルーム][名古屋市千種区]では
各分野に精通した士業の先生方を無料でご紹介しています。
まずはお気軽にご相談ください。