ご家族のどなたかが亡くなった場合に、自動車も大切な資産であり相続をすることになります。

 

自動車の相続は、その後に売る場合も廃車にする場合も一旦は相続をしなくてはなりません。

自動車の名義変更は「相続」や「売買」など所有者の名義を変更する際に行う手続きの事です。この正式名称を「移転登録」と言います。

自動車の手続きをする際はどのようなタイミングでするのか、またどのような書類や手続きが必要なのかなどについてご紹介します

最初に行うべきこと


〇 所有者の確認

車の所有者が亡くなってしまい、その車の相続や名義変更を行う場合、まず行うべきことは、車検証を出して、所有者が誰になっているかを確認することです。
所有者が死亡した方本人であれば、相続になりますので相続専用の手続きが必要になります。

自動車の名義変更に必要な書類は?

自動車の相続に必要となる書類は以下のようになります。

必要な書類内 容
戸籍謄本亡くなった人の死亡が証明できるもの。 相続人全員の記載があり、3か月以内に発行したもの。
遺産分割協議書複数の相続人の中から、1人が相続する場合に必要になる。 相続人全員の署名・捺印が必要。
印鑑証明書相続をする人のもの。
実印相続をする人のもの。
自動車検査証(車検証)有効期限内のものであること。
自動車保管場所証明書(車庫証明書)保管場所に変更がない場合には、不要の場合もある。

自動車の名義変更手順

書類を揃えたら、次に名義変更の手続きをします。

名義変更は、法律では決められておらず、期限もありませんが「道路運送車両法」には、自動車の所有者に変更がある場合には15日以内に手続きをしなければならないと決まっています。

 

①運輸支局に書類を提出

運輸支局で以下の3点を取得し、記入をします。

  • 手数料納付書
  • 自動車税・自動車所得申告書
  • 申請書

そして、登録手数料を払い、印紙を購入して「手数料納付書」に貼ります。

戸籍謄本などのあらかじめ揃えておいた書類と、「手数料納付書」「自動車税・自動車所有申告書」「申請書」を合わせて提出します。

②新しい車検証の受け取り

書類に不備がなければ、新しい車検証を受け取ることができます。
車検証交付には、時間がかかることも予想されますので余裕をもって行くと良いでしょう。

③自動車税の申告

運輸支局にある自動車税事務所などの窓口で、新しい車検証と「自動車税・自動車所得税申告書」を出します。

自動車所得税がかかる時には、所得税額を支払います。

ここでナンバープレートの変更があるときには、運輸支局の返納窓口に返納し、新しいナンバープレートと交換します。

自動車保険の名義変更も行っておく

亡くなった人から相続した自動車にそのまま乗り続ける場合には、「自動車保険」の名義変更も行う必要があります。

万が一事故にでもあってしまった際に、補償を受けられないことがあります。

 

契約している保険会社に連絡をすれば書類で名義の変更ができますので、必ず行っておきましょう。

また自動車の名義変更を自分で行うには非常に労力を使い複雑です。

正しく手続きする為にも、専門家などに依頼することで、スムーズに安心して手続きを行うことができますので、1度視野に入れてみると良いでしょう。



株式会社BLOOM[ブルーム][名古屋市千種区]では
各分野に精通した士業の先生方を無料でご紹介しています。
まずはお気軽にご相談ください。