マイホーム購入に30年とか35年の住宅ローンを組んだ場合、ローンの返済途中でリフォームの必要に迫られることがあります。

あるいは高齢者世帯となって、バリアフリー改築が必要となったり、家族が増えて増築することになるかもしれません。

そこで心配になるのがリフォーム費用の調達です。

すでに住宅ローンを組んでいるので、リフォームのためのローンは組めないと思っている方も少なくありません。

あるいはリフォームローンの存在を知らない方もいます。大丈夫です。
住宅ローン返済中の方でもリフォームローンを組むことが十分に可能です。

リフォームするためのローン

住宅を購入する時には銀行等から住宅ローンを借りる事ができますが、リフォームする時でもローンを借りる事ができます。

リフォームするためのローンには下記のような種類があります。

・銀行で借りるリフォームローン
・クレジット会社で借りるリフォームローン
・金融機関で借りるリフォームローン
・財形貯蓄で借りるリフォームローン

それぞれのリフォームローンについて説明していきます。

銀行で借りるリフォームローン

銀行で借りるリフォームローンは最長で15年の返済期間が設定され、自身の生活に合わせた返済計画を立てる事ができます。

借り入れられる金額も100万円~1000万円とまとまった金額の融資を受ける事ができます。
そのため、大規模なリフォームを行う事ができますが、審査に時間がかかったり、審査が厳しく借りる事ことができない場合もあるので注意しましょう。

クレジット会社で借りるリフォームローン

クレジット会社で借りるリフォームローンは銀行で借りるリフォームローンと比べて手続きや審査が簡単である事が多いです。

返済期間は銀行よりも短く、借り入れられる金額も300万円とやや少ないですが、すぐにリフォームをしたい人にはおすすめです。

金融機関で借りるリフォームローン

銀行以外の金融機関のリフォームローンは住宅金融支援機構で必要最低限のリフォームとして融資を受ける事ができます。

住宅金融支援機構は公的機関であり、低金利で融資を受けられますが、リフォームの内容に制限があるので事前に調べておきましょう。

財形貯蓄で借りるリフォームローン

財形貯蓄の財形融資はサラリーマンなどの勤労者を対象の財形貯蓄をしている人がリフォームの際に融資を受ける事ができます。

融資を受ける事ができるのは本人が居住する住宅のリフォームに限られ、融資金額が200万円以下の場合は担保は必要ありません。

住宅ローンを返済中にリフォーム資金を切り替えることが出来る

住宅ローンを返済したのち、リフォームをするときには、リフォームローンを借りる場合が多いと思いますが、受託ローン返済中にリフォームが必要な時は「返済中の住宅ローンの残債とリフォーム資金を合わせた額を借り換える」という方法が可能な金融機関もあります。

リフォーム資金が増える分、残債は増えますが、リフォームローンより低金利の住宅ローンの利用が可能です。

その際も、手数料や諸経費などをよく調べて選ぶようにしましょう。



株式会社BLOOM[ブルーム][名古屋市千種区]では
各分野に精通した士業の先生方を無料でご紹介しています。
まずはお気軽にご相談ください。