近年は、最新設備が整っていたりデザイン性の高い物件が増え、マンションの人気が過熱しています。

マンションは比較的高層階が人気ですが、低層階にも多くのメリットがあります。

今回は、低層階と高層階のメリットとデメリットをご紹介していきます。

低層階のメリットは?

緊急時に避難しやすい

低層階の1番のメリットは、緊急時に避難がしやすいことです。

災害時にエレベーターが使えなくなった時に、階段でも外に出やすいのは圧倒的に低層階です。

また、高層階に比べて地震の揺れが少ないこともメリットだと言えます。

1階であれば足音を気にしなくていい

マンションの1階や、下の階が施設や駐車場になっている部屋は、足音を気にする心配がありません。

子供がいる世帯や足音によるトラブルを避けたい方には、マンションの1階はおすすめです。

高層階に比べて安い

マンションの値段設定は、高層階になるにつれて高くなる傾向があります。

購入価格や家賃を抑えてマンションに住みたい方には低層階がおすすめです。

また、タワーマンションなどで共用部(ジムやゲストルーム等)が充実している物件

であれば、高層階と比べて低コストでそれらを利用できるというメリットがあります。

低層階のデメリットは?

防犯に不安が残る

近年のマンションはセキュリティーが強化されてはいますが、

高層階に比べ窓から侵入されてしまう可能性は高いので、

鍵をしっかりと閉めるなどの対策が必要です。

虫が入ってきやすい

1階や2階の低層階の場合、窓を開けていると虫が入ってきやすいというデメリットがあります。

また、マンションの周辺がお店や人の多いエリアである場合、車や騒音の対策も必要となるでしょう。

日当たりが悪い場合がある

マンションの立地や方角にもよりますが、部屋によっては日当たりが悪いことがあります。

日当たりを重視される方は、方角を確認したり、違った時間に何度か内見をして確認するのがよいでしょう。

高層階のメリットは

景色がいい

マンションの高層階が人気である一番の理由は、

その景色にあると言っても過言ではないでしょう。

タワーマンションの高層階であれば非常に見晴らしがよく、空気も比較的綺麗です。

防犯面も多少安心できる

マンションの高層階は、低層階に比べて防犯性が高いこともメリットです。

部屋の位置が高く危険を伴うため、窓からの侵入は難しいと言えます。

防犯が不安な方は高層階の方が、低層階に比べてより安心でしょう。

周囲の視線が気になりにくい

高層階は隣に同じ高さの建物がない限り、周囲の目線や騒音を気にせず過ごすことができます。

静かな生活環境が得られ、風通しや日当たりもよいことが多いです。

高層階のデメリットは?

低層階に比べて家賃や価格が高い

マンションの高層階は、低層階に比べて価格が高い傾向にあります。

方角や部屋の位置によって、値段は変わりますが、

高級マンションなどでは低層階と高層階で倍近く価格が変わることもあるので、

しっかりと確認することをおすすめします

地震の際、揺れが大きくなる

地震の揺れは、高層階になるほど大きくなります。

高層階に住む場合は、地震対策をしっかりとしましょう。

特に、避難経路のチェックや避難経路にものが倒れてくることがないように、

家具を配置しておくのがおすすめです。

外出の際、エレベーター待ちに時間がかかる

階段で外に出るのが阻まれる高層階は、エレベーターが混雑しているときなどは時間がかかってしまう場合があるので、注意が必要です。

特に、多くの住人が外に出ると思われる朝の出勤時間帯などは、

時間に余裕を持って行動する必要があります。

まとめ

近年のマンションは設備などが整っており、

どんな方にも住みやすいよう配慮された設計の物件が多くあります。

自分の生活に合った階を見つけられるように、

よくメリット・デメリットを考えてから慎重に選択しましょう。



株式会社BLOOM[ブルーム][名古屋市千種区]では
各分野に精通した士業の先生方を無料でご紹介しています。
まずはお気軽にご相談ください。