財産にはいくつかの種類があります。


たとえば、預貯金などは現金なので、資産価値をすぐに把握できますが、

家や土地などの不動産は、正確な価値を知るために調べなくてはいけません。

 

主に売却を考えたときに気になってくるのが物件の相場ですが、

どのように調べれば良いのでしょうか? 解説していきます。

売却したい物件に似ている条件で調べる

売却したい物件と似ている物件が、どれくらいの価格で売られているかを調べましょう。

以下の項目で絞ってみるのがおすすめです。

エリアどの市区町村か
最寄り駅沿線・鉄道駅
駅までの距離徒歩何分かかるのか
面積間取りよりも面積を基準にする
経年数戸建・マンションでの最重要項目

もしもこの項目で絞込が難しい場合には、条件を緩くしてみたり、

近隣エリアで調べてみたりしましょう。

どこで調べる?

上記の項目で調べる場合、どのようなサイトを利用すれば良いのでしょうか?

● 土地総合情報システムを利用する

土地総合情報システムは国土交通省が作成するシステムであり、

不動産を購入した人がいくらでどんな物件をいつ購入したのかを

データとして集めています。

 

具体的には、指定したエリアや周辺で実際にどのような物件がいくらで

取引されたのかを調べる事ができます。

 

また、国土交通省が集めたデータなので信憑性が高いのが特徴です。

● 相場情報サイトを利用する

一般的な不動産サイトには幅広いエリアの相場を載せているサイトもあります。


土地総合情報システムと比べて信憑性は劣りますが、

より多くのエリアを調べる事ができます。

● レインズマーケットインフォメーションを利用する

レインズマーケットインフォメーションは国土交通省が指定した

不動産流通機構が運営しているシステムです。

 

土地総合情報システムは購入者に対して情報を集めていますが、

レインズマーケットインフォメーションは仲介した不動産会社が回答した販売価格が載せられています。

 

詳細な情報は閲覧する事ができませんが、実際の販売価格がわかるのでとても参考になります。

● 一括査定を利用する

今まで挙げた相場の調べ方では、自分の売却を考えている物件と近い条件を

調べて自分で分析していく必要があるので手間がかかってしまいます。

 

一括査定では同時に複数の不動産会社に査定を依頼して金額を比較できる方法です。

不動産会社ごとに金額に差があり、正当な金額かを判断するのは危険ですが、

短時間で簡単に比較することができるためとても便利です。

 



物件の相場をチェックする際の注意点


不動産物件の相場をチェックするときは、次の2点に注意してください。

 

・調べた相場は、必ずしも売却額とは一致しない

・リノベーションが入った不動産物件は相場が高くなっている

まとめ

それぞれの物件の相場の調べ方は一長一短であり、どれが一番良いかは

一概には言えません。

そのため後悔しないためには全ての調べ方をして自分で分析する方法が良いでしょう。

時間がかかってしまいますが、売却で後悔しないためには

それだけ時間を費やす事をオススメします。

物件の売却を考えているエリアの相場がいくらくらいなのかしっかりと調べた

で住宅を売却し、後悔を残さないようにしましょう。

 

また、不動産会社が原状回復とプラスアルファ―の工事を加えたリノベーション物件は、

基本的に相場よりも高めに売却されます。

ですから、リノベ物件を基準にしないように気を付けてください。



株式会社BLOOM[ブルーム][名古屋市千種区]では
各分野に精通した士業の先生方を無料でご紹介しています。
まずはお気軽にご相談ください。