不動産の相続 必要な書類一覧 


亡くなった人から不動産を相続するときには、必要な手続きがたくさんあり、様々な書類が必要となります。

そして、相続の手続きをスムーズにするためには、必要な書類を計画的に集めておく必要があります。

ここでは、相続に必要な書類について確認しましょう。

最低限必要な書類

死亡届

死亡届を提出することで、火葬や不動産の相続手続き、口座の名義変更等が行えるようになります。

死亡届をするために必要なものは以下の通りです。

死亡届出書

死亡届出書は、死亡届と死亡診断書または死体検案書が1枚になった書類です。
死亡届出書は、葬儀屋へ葬儀の依頼をする時に必要になるのでコピーをとっておくことが重要です。

市区町村役場に置いてあり、病院で亡くなった場合は病院が用意してくれるので確認をとりましょう。

届出人の印鑑

死亡届を提出する際には、届出人の印鑑が必要です。

火葬許可申請書

火葬許可申請書は、火葬を行うための申請書です。

相続人の確認に必要な書類

相続人の生存を確認するために、全ての相続人の現在の戸籍謄本が必要となります。

相続人は一緒に生活してきた家族だけとは限らず、被相続人が認知した子供がいて、家族は知らない場合があります。

そうした時にしっかりと確認しておかなければ、遺産分割をもう1度しなければならなくなり、正確な相続税の申告ができないといった問題が発生してしまいます。

相続人の確認のために、相続人全員の現在の戸籍謄本を取得しましょう。

被相続人の戸籍謄本

被相続人(亡くなった人)が生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本が必要です。

亡くなった人の本籍地をさかのぼり、本籍地が変わっている場合にはその本籍地の役場に請求することになります。

相続人全員の戸籍謄本

相続人が生きているかどうかを調べるために、相続人全員の戸籍謄本を取る必要があります。

金融関係の相続に必要な書類

遺言書が【ある場合】【ない場合】によって、用意する書類も変わってきます。

遺言書のあるなしにかかわらず必要な書類

被相続人の通帳

亡くなった人の預金通帳や証書などが必要です。

相続手続きを依頼する銀行所定の書類


相続手続き依頼書相続関係説明書といわれることもあります。

亡くなった人の住所などの情報や預金の明細を記載するようになっています。

遺言書がある場合

遺言書

公正証書遺言は、そのまま自筆証書遺言のときには家庭裁判所の検認が必要です。

被相続人の戸籍謄本

亡くなった人の死亡が確認できるものが必要です。

相続する人の印鑑証明書

被相続人の預金を相続する人の印鑑証明書が必要です。

遺言書がない場合(遺産分割協議書があるとき)

遺産分割協議書

相続する人全員の署名と捺印が必要です。

相続人全員の戸籍謄本

相続人全員の印鑑証明書

遺言書も遺産分割協議書もないときは、「被相続人と相続人全員の戸籍謄本、相続人全員の印鑑証明書」が必要です。

相続の登記に必要な書類

亡くなった人名義の家や土地などを、相続する人の名義に変更するために必要な書類です。

被相続人の戸籍謄本

被相続人の住民票除票



被相続人は亡くなっていますので、住民票の除票になります。

相続する人の戸籍謄本

相続する人の住民票

遺産分割協議書

亡くなった人が所有していた財産の分割を、どうするか話し合った結果を記載した文書です。
相続する人全員の署名・捺印が必要です。

相続人の印鑑証明書

不動産の関係書類

関係書類には、「登記事項証明書」があり、管轄の法務局や郵送で取り寄せることができます。

「固定資産評価証明書」も必要で、不動産の評価額が書いてあり、毎年5月の「固定資産税納付書」に同封されています。

また、専門家に依頼をする場合には、委任状が必要です。

相続に必要な書類は様々で、用意をする書類も多いため、早めに用意をすると良いでしょう。

必要な書類や手続き方法がわからない場合には、専門家にお任せすることをお勧めします。



株式会社BLOOM[ブルーム][名古屋市千種区]では
各分野に精通した士業の先生方を無料でご紹介しています。
まずはお気軽にご相談ください。