不動産の仲介手数料について
内容・金額などを詳しく解説!

仲介手数料とは?

土地や一戸建てなどを売り買いする場合には、不動産業者に依頼をするのが一般的です。

その際に売買契約が成立したときには、報酬として「仲介手数料」を払うという仕組みが決められています。

仲介手数料を払う事で不動産のある土地の法規を確認したり、不動産の査定、サイトへの掲載といった販売活動をしてくれるのであまり詳しくない素人の人が売買を行うよりも大きな成果を得られるはずです。

不動産の金額に応じて仲介手数料が変わってくるので手数料の金額の把握はしづらくなっています。また不動産の仲介手数料は小さい金額ではないので契約を結ぶ前にしっかりと把握しましょう。
仲介手数料は成功報酬型と言って「売買が成立して支払う費用」なので、売買が成立していなければ支払う必要はありません。

不動産の金額に応じて仲介手数料が変わってくるので手数料の金額の把握はしづらくなっています。また不動産の仲介手数料は小さい金額ではないので契約を結ぶ前にしっかりと把握しましょう。
仲介手数料は成功報酬型と言って「売買が成立して支払う費用」なので、売買が成立していなければ支払う必要はありません。

仲介手数料の内容

〇 売却活動に対する営業の成功報酬

不動産業者は物件が売れるために様々な活動を行います
例として、以下のような営業を行います。

・  新聞に折り込み広告を入れる
・ チラシを配る
・ 不動産の物件情報サイトに掲載する
・ 購入を検討している人に物件の案内など

物件が売れて契約が成立したうえで、仲介手数料の支払いとなります。

〇 通常業務で発生する費用

その他にも、売り手と買い主の間での、契約書の作成や事務手続きにかかった費用は全て仲介手数料に含まれます。

仲介手数料の相場

仲介手数料は、実際のところどれくらいかかるのでしょうか?
「宅地建物取引業法」により、仲介手数料には上限が設けられています。

仲介手数料の上限額

売買価格仲介手数料の上限
200万円以下の部分売買価格の5%+消費税
200万円超、400万円以下の部分売買価格の4%+消費税
400万円を超える部分売買価格の3%+消費税

ここで表記されているのは上限額であって実際はこの金額より安くなる事もあります。
多くの不動産会社が仲介手数料を安くしようと割引等をしているので各不動産会社の仲介手数料を確認する必要があります。
仲介手数料によるトラブルや想定違いを起こさないためにも前もって調べておきましょう。

仲介手数料を支払うのはいつ?

仲介手数料の支払いは、売買が成立しないと金額を出すことができません。
そのため、通常は不動産の売買契約のときに仲介手数料の半額分、引き渡しの時に残りの半分とされています。
一般的には2回に分けて払うとされていますが、分けて払うとは決められていないので、事前に確認をしておく方が慌てずにすむのではないでしょうか。
上記の通り売買価格が決定した時に仲介手数料の金額は決定します。



株式会社BLOOM[ブルーム][名古屋市千種区]では
各分野に精通した士業の先生方を無料でご紹介しています。
まずはお気軽にご相談ください。